本文へ移動

O・むすび(おむすび)

「O・むすび」の紹介

生活介護事業所「O・むすび(おむすび)」は、平成27年9月に開所しました。
生活介護事業所「O・H・G(おはぎ)」と同じく、一人一人の個性がギュッと合わさってできた大きなおむすび。いくら重度の障がいを持っていようとも、「活動がしたい!!」「自分の夢をかなえたい!!」、そんな利用者さんたちの思いを大切に、ご自宅とは違う環境で、作業をしたり、遊んだり、お話ししたり…と、色々な活動を行っております。
「O・H・G(おはぎ)」と「DAI-ふく」と輪になって、手を取り合っていきたいと思います。
 
☆☆ 活動内容 ☆☆
毎日、縫い物中心の作業を行っています。手縫いの人、ミシン掛けをする人、座椅子の芯を組む人などなど、その人に合ったいろいろな作業を行います。いろいろな製品を作り、元気ショップや学校のバザーなどで販売を行っております。
毎月第4土曜日に行うレクレーションでは、ゲーム大会あり、調理実習あり、外出あり、お食事会ありと楽しい色々なことを計画して行っております。
 
*定   員  1日  20名
*営 業 日   月曜日~土曜日
*営業時間  9:30~15:30
*サービス内容 札幌市内全域送迎、給食(週3回)、入浴
 
☆「O・むすび(おむすび」って、こんなところです。☆
◎第4土曜日はレクリエーションを行っています。
ゲーム大会あり、調理実習あり、外出してお買い物、
お食事会など楽しい色々なことを実施しています。
 
◎第1、第2、第3、第5土曜日は入浴、作業活動は行っていません。
利用者様の希望によって活動内容を決めています。

『O・むすび』に共同募金からミシンの助成

 平成27年9月にオープンした、障がいを持った方を対象にした生活介護事業所です。

 利用者さんの状況に応じて、ゆったりと創作活動を行っており、俵型小銭入れ、ティッシュカバー、弁当袋、布きん、コースター、トレイ、座椅子など様々な小物を製作しています。特に布を使った製作が多くあり、裁縫作業などでミシンが必要となりますが、多くの利用者さんは車いすを利用しているため、上肢だけで操作ができるコンピュータミシンが不可欠となっております。

 この度、共同募金の助成を受けてコンピュータミシンを購入することができました。お陰様で、とても操作が楽で、利用者さんにも好評を得ており、毎日笑顔で創作活動を行っております。これも市民の皆様からの善意の募金のおかげだと、感謝しております。本当にありがとうございました。

せっせと('◇')ゞ
慎重に(・_・;)
ありがとうございます
m(_ _)m

O・むすびの活動の様子

初めてのO・むすびレク!('15/9/26)

新事業所O・むすび開設し初めてのレク!!
おむすびとおかずを作り、午後からは事業所周辺をお散歩しました!
おむすび2個食べたよ
可愛い
おむすびでしょ!
(^◇^)
がぶっと!
グラタン作りに
挑戦★
O・むすびの周りには、いろんなお店があったよ☆
O・H・G DAI-ふく 本部
O・むすび
社会福祉法人
札幌肢体不自由福祉会
 ────────────
法人本部
生活介護事業所
 O・H・G(おはぎ)
ヘルパーステーション
 DAI-ふく(だいふく)
〒060-0008
北海道札幌市中央区
  北8条西23丁目2-22
      イベール823
TEL.011-622-8664
FAX.011-622-8755
────────────
生活介護事業所
 O・むすび(おむすび)
〒005-0035
北海道札幌市南区
  南35条西10丁目6-25
TEL.011-206-0286
FAX.011-206-0285
────────────
0
2
2
3
9
6
TOPへ戻る